研修

ライブ動画配信アプリ「LIVEME」新型コロナウイルス(COVID-19)による外出自粛の動きをうけ、無観客ライブや在宅撮影会を開催

ライブ配信動画カスモカジノ - 56167

YouTubeでは事前に編集した動画をアップロードするだけではなく、ライブ配信も利用できます。 生配信をしたことがない人は、配信方法や機能の使い方が気になりませんか? そこで今回はYouTube Liveの使い方やメリットについて詳しく解説していきます。

バズる動画・ライブ配信 確実に拡散するしくみ

イベントや商品・サービスの発表会など、企業が情報発信する際の手段としても一般的に用いられるようになってきたライブ動画配信。 最近ではYouTubeやFacebook、Twitter、LINE、Instagramなど代表的なSNSがいずれもライブ動画配信に対応したことから、ますます注目を集めています。 その先駆けとなったサービスから最近の人気アプリまで、さまざまなライブ動画サービスをまとめました。 オリジナルサウンドを利用して15秒までのショート動画を投稿できる、リップシンクアプリ系の動画配信サービス。 「手振りダンス」などのダンス系や「全力〇〇顔」などのネタ系の動画などを気軽に配信できることから人気になりました。

Webサイト(サービス)運営リスク

YouTube Live、Ustream、ニコニコ生放送など無料の ライブ配信 サービスの登場で、誰もが自由な発想で手軽に ライブ配信 できるようになり、視聴する機会も増えています。また、放送局がサービスとしてスポーツやイベントを ライブ配信 するようになり、遠隔地でもリアルタイムで視聴できるようになりました。一般企業においても、社内への情報共有やエンドユーザーへのサービスとして、 ライブ配信 の積極的な活用が進んでいます。 矢野経済研究所が年5月に発表した「ビジネス向けライブ映像配信サービス市場に関する調査結果」によれば、 年の段階で企業や自治体が国内ライブ映像配信サービスを導入するなど、ビジネス需要が創出され始めました。そしてその市場規模は、年度には約7,億円に拡大すると予測しました。特に、「広告・宣伝・プロモーション」が全体の約 62%を占めると予測しており、企業が既存のマスメディアだけに頼らず、ライブ映像配信サービスを併用することで、販売促進活動や広報・IR(投資家向け広報)活動を再構築していくだろうとレポートしています。

春休み勉強ライブ!study with me

キングソフト株式会社

PICK UP.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。