研修

闡苓€・R繝輔か繝ュ繝シ

は確率論メキシコカジノ - 25196

Halmos, c by the American Mathematical Society 原書 『Beat the Dealer』 ギャンブルもトレードも確率と優位性を味方につけろ! 優位性とは、確率を計算できる者に訪れる「偶然のなかの必然性」である! ギャンブルを投資に生かす方法  ジェロラモ・カルダーノの時代から数学者たちは偶然というゲーム理論にのめりこんできた。しかし、これまで実践で驚くような成果を上げたのは、カリフォルニア大学アーバイン校のエドワード・O・ソープ教授だけである。ソープ教授はギャンブル攻略法を考案しただけでなく、自身が実際にカジノに出かけていってその正しさを証明した。また、賢明なるプレーヤーたちはソープ教授の必勝法をマスターすることに必死になった。カジノ側は賢明なるギャンブラーたちを追い出すことによって、ソープ教授の必勝法が正しいことを認めた。本書では、必勝法の要点を簡単な図表にまとめており、平均的なプレーヤーでも理解しやすいように配慮されている。  年にソープ教授が初めてこの必勝法を発表して以来、ラスベガスをはじめとするカジノはルールを変更せざるを得ない状況へと追い込また。そこで本書では、ラスベガス、アトランティックシティー、プエルトリコなどのカジノで、ルールが変更されてもプレーヤーが勝てる戦略や、イカサマディーラーに遭っても負けない方法を伝授している。  ソープ教授はその後、株式市場に主戦場を移し、そこでも数学的知識である確率、優位性を大いに活用し、大成功を収めた。本書で優位性とは何か、確率とは何かを正しく理解すれば、ツキに頼る投資法から脱却する第一歩になるだろう。  債券王として知られるピムコの ビル・グロス 氏が、大学生時代に大怪我で入院した際に読みあさっていたのが、本書『ディーラーをやっつけろ』です。21歳の彼は、本書を読んで「ブラックジャックで勝てる! ラスベガスへ行こう!」と決心したのです。 ラスベガスでは、安宿での睡眠以外をプレーに費やすことで、ドルの元手を1万ドルにまで増やしたといいます。「瞬時に成功の可能性をはじき、勝負の時期を見極める。そのために相手の手の内を読む」点で、ギャンブルと投資は似ていると考えた彼は株式投資の世界へと足を踏み入れることになるのです。 日経ヴェリタス 。

繧医¥荳€邱偵↓雉シ蜈・縺輔l縺ヲ縺・k蝠・刀

こうなってくると、「暑い(hot)」なんて言葉じゃ表現しきれなくなって、「焼いている(baking)」とか、「料理している(cooking)」なんて単語が飛び交います。  The whole country is baking(国中、めちゃくちゃ暑いよ)とか、You must be cooking down there(そんな南で、あなた蒸し風呂状態でしょ)などと使います。 最初にラスヴェガスを訪れたのは、20年以上も前のこと。その頃は、大型ホテルも数えるほどで、まわりは、ひたすら砂漠。  それを思うと、今の姿は、考えられないほどの変わりようです。住宅地も、どんどん巨大化しています。ラスヴェガスほど、人口増加の激しい街はないのです。 ラスヴェガスといえば、カジノ。ギャンブルをしない自分は、何のために行くのだろう?   そう思って出発したわりに、その晩、さっそくクラップス(craps)に挑戦!まあ、ご一緒した方々に勧められたからなんですけれどね。(写真は、クラップスではなく、スロットマシーンです。)。 クラップス。このゲームは、ワイワイと楽しくやるゲーム。みんなで楕円のテーブルを囲み、ひとりが投げるサイコロの目に、一喜一憂する。力余って、サイコロが場外に飛び出すハプニングも。根が明るい西洋人には、クラップスは、よくマッチしているのですね。そういえば、かの有名な「」など、映画にもよく出てくるような。  ルールは、わりと単純なのです。ひとりがサイコロふたつを同時に投げて、その目によって、勝ち負けが決まるというもの。自分がどこに賭けたかによって、勝ち負け引き分けが決まるので、ディーラーや他のプレーヤーとの対戦型ではありません。だから、ディーラーとも、まわりの人とも和気あいあいとした雰囲気が漂います。 まず、フェーズ1では、誰かがサイコロを振って、「場の目」を決めます。サイコロは常に2個使い、ふたつの目の合計で競います。目の可能性は、「2」から「12」ですね。  ここで、ゲームに参加したい人は、第1投が投げられる前に、パスライン(Pass Line)という外側の枠にチップを置き、参加の意思表示をします。  第1投が「7」か「11」なら、みんなその場で勝ち。配当をもらいます。「2」か「3」か「12」なら、その場で負け。賭け金は没収。それ以外の数字だと、その数が「場の目」となります。もし、「7」や「11」が出続けたら、他の数字が出るまで、フェーズ1は続きます(参加者は、その間ずっと勝ち続け)。 おおざっぱに言って、スタート時点のパスラインと、「6」と「8」に賭ければ、それで充分だそうです。  そして、補足的にカム(Come)。これは、第1投目を逃し、途中参加したい場合に使います。その次の目が、「7」か「11」なら、この人の勝ち。「2」か「3」か「12」なら負け。その他の数字なら、この人だけの「場の目」となり、ゲームは続行します(最初からパスラインにチップを置いた人でも、途中からカムに置くこともできます)。  あとは、パスラインのおまけとして、オッズ賭けというのがあります。追加して賭ける賭金のことです。これは配当がいいので、パスラインに置いたチップの2倍、3倍とたくさん賭けるのが一般的です。チップは、パスラインの枠のすぐ外に置きます(細かくいうと、オッズ賭けは、カムで置いたチップに追加することもできます)。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。