研修

カジノで遊べるマカオのおすすめホテル ベスト10&ルールとマナー

ンの勝ち方クラウンタワーズホテルカジノ - 31653

ホテルに来てまず思ったのが、人の多さ バスが何台も何台もやってきて人々を吐き出している。 そういう意味では、贅沢感は味わえない。 16時過ぎに到着したが、あちこちにフロントがあるようだ。 案外待たずにチェックイン フロントで働いている人たちは中国からの出稼ぎで優秀な人が多いそうだ。 中はとにかく広い。歩き疲れるぐらい。 部屋はたくさんあって、エレベーターで上がるのだが、部屋までの距離が遠いこと遠いこと。 足が悪い人は、フロントで『エレベーターの近くがいい』と言った方がいいですね。 部屋は豪華な、2部屋のようなタイプ。バスルームも豪華。 ネットは1日2000円ぐらいだが、仕様がない、払って利用した。 カジノが目的で来る人がいるかもしれないので、一言。 カジノが、ホテルの真ん中にあって、ここも広大。 喫煙エリアと禁煙エリアに分かれている。 入り口では、若い人だけパスポートでチェックしていた(年齢制限があるからだろう)。 宿泊者かどうかはチェックしない。つまり、ホテル外からも、いろんな人が入り込んでいるというわけだ。 やったのはスロットマシーンとブラックジャック 一人でやっていると中国人が、なれなれしく近づいてくる。 すりかも知れない。まず1人の男がやってきて隣でやりだした。 日本人と分かっても、なれなれしく中国語で話しかけてくる。 と、その連れの女性がやってきた。30代くらいか、私の横に座るが、ゲームには参加しない。 私がブラックジャックにチップをだして参加すると、突然その連れの女が、私のチップの上に2枚のせた。 3枚以上が最低限の賭けるチップ枚数 たまたま勝って、2枚x2で4。

マカオカジノで遊ぶルールとマナー

カジノフロアは、鳳凰殿 Phoenix・ほうおうでん 、麒麟殿 Golden Fish・きりんでん 、帝王殿 Imperial House・ていおうでん 、赤龍殿 Red Dragon・せきりゅうでん の4つのエリアに分かれており、遊べるゲームは、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、スロットなどの定番ゲームはもちろん、大小、ファンタン、カリビアンポーカー、3カードポーカー、3カードバカラなどのカジノゲームも楽しむことができます。 グランド・リスボアには、ミシュランで星を獲得したレストランが4つあり、そのうちの2つはミシュラン3つ星のレストランとなっています。一つは、香港の建築家アラン・チャンがデザインした「The Eight(ザ・エイト」となり、斬新なスタイルで作られたこのレストランでは、広東料理を楽しむことができます。もう一つは、ジョエル・ロブションの「Robuchon a Galera(ロブション・ア・ガレーラ)」となり、芸術性のある料理や種類以上の豊富にそろえられたワインを、グランド・リスボア最上階のドームからマカオの壮大な眺めを鑑賞しながら楽しむことができます。 ウィン・マカオでは、広東料理、日本料理、中華料理、イタリア料理、中国北方料理など沢山のグルメが楽しめます。中でもスワロフスキーで作られたクリスタルドラゴンが飾られている、「Wing Lei(ウィン・レイ)」という広東料理のレストランはとても有名となっています。他にも、誰でも気軽に楽しめるバーや馴染のあるスターバックスなども入店しています。 世界最大級のホテル・チェーンで有名なアコーホテルズの最上級ブランド、5つ星カジノリゾートホテル「Sofitel Macau at Ponte 16(ソフィテル・マカオ・アット・ポンテ・16)」。

豪華なホテルだけど、カジノでは用心しましょう! - ザ ベネチアン マカオ リゾート ホテルの口コミ - トリップアドバイザー

メルボルンの中心部を流れるヤラ川沿いにたたずむ複合リゾート施設「クラウン・エンターテイメント・コンプレックス」 リゾートの総面積は50万平米以上ともいわれ、ホテルにカジノ、レストラン、ショッピングモール、劇場、レストランなど様々な施設が集まるメルボルン最大の観光地。 メルボルンに位置する「クラウン」は、オーストラリア屈指の総合エンターテイメントリゾート 述べ床面積51万平米、年間万人ものビジターが訪れる巨大コンプレックスには、各賞の受賞歴があるホテル3棟と豪華絢爛のカジノ、会議室、70軒以上のダイニング施設、スパ、テニスコート。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。