学生

【ワーホリ体験談】オーストラリアのカジノで直接雇用で働いた体験特別インタビュー [MINAMIさん]

ライセンスカナダでカジノ - 24918

アメリカ留学後、年にオーストラリアワーホリへ。現地のジョブエージェントを通してシドニーにあるカジノで働き始めるも、最終的にカジノから直接雇用で働くことに。現在は日本完全帰国中。 Q1:ワーホリ渡航先をオーストラリアに決めた理由、カジノで働こうと思ったキッカケについて パレコ ワーホリでオーストラリアを選んだ理由、またどのようなキッカケでカジノで働こうと思ったのですか? Minamiさん 海外で働く経験がしたかったのと、ワーホリができて暖かく住みやすい国と言えばオーストラリアしか考えられなかったので!

【前述・要約】主な国のカジノ合法化の目的と理由

カジノのディーラーというと華やかな世界に生きる人としてその 時給も高いイメージ を持つ人も多いのではないでしょうか。ここからはディーラーの時給について他の職業との比較もしながらお話ししていきます。 ブラックジャックやバカラといったゲームの仕切りからチップの交換などのゲーム以外のサービスなど、ディーラーの仕事はさまざまなものがあります。 ディーラーとしてカジノで働くためにトレーニングを積む必要があります が、現地でトレーニングを積む方法と日本国内で学んでワーキングホリデーを使ってカナダのカジノで働く方法があります。 現地でトレーニングを積む方法としては「Westactive Community College」にある特別コースのカジノプログラムを受講したりすることで、ディーラーの技術やコミュニケーションなどが身につきます。また日本国内でディーラーのトレーニングをしたいと考えた場合は、日本カジノスクールのようなディーラー養成プログラムを受けることで、ディーラーに必要なスキルなどを身に着けることができます。 カナダにあるカジノで働くときは、カジノがあるのがバンクーバーの場合ブリティッシュコロンビア州で定められた 「SIR」と「GPEB」 という2つのライセンスが必要になります。このうちSIRは「The Serve it Right」の略称で、これはアルコールの取り扱い資格になります。ディーラーであってもテーブルなどでゲームの進行をするだけが仕事ではなく、アルコールの提供業務も対応しなければならない場合もあるためアルコールの資格であるSIRが必要になります。ただ単にアルコールに対する知識だけが必要なわけではなくアルコールが招くトラブルに対する防御策や、アルコールを提供するときにその相手が正しい年齢かどうかを確認する知識なども含まれています。 もちろんカジノだけでなく幅広い場所で使われるライセンスですが、日本よりも飲酒に関する法律が厳しいカナダならではのライセンスとも言えるでしょう。次に必要になるライセンスの「GPEB」ですがこれは「Gaming Policy and Enforcement Branch」の略称で、カジノなどのゲーミング産業の法規制に対しての知識をライセンス化したものです。ディーラーとしてゲームの進行などをするわけですから、法律に抵触するような行為を当然行うわけにはいきません。そのためGPEBライセンスを所持するディーラーのみがカジノで働くことを許されるのは自然な流れと言えるでしょう。

過疎地域復興と州益の保護!民間公認と一部公認が混在するアメリカ合衆国

カナダ エンターテインメント・遊ぶ カナダ カジノ。 カナダへの旅行も 航空券とホテルをセットで お安く予約! 札幌 - つけ麺。 池袋・巣鴨・新大久保 - ランチ。 横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理。 京都市 - 寺院・教会,旧市街・古い町並み。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。