学生

長期優良住宅を建てると税金控除のメリットがたくさん!逆にデメリットは?

メリットとデメ控除率 - 51206

長期優良住宅とは、 長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅 です。住まいを長期優良住宅にした場合に受けられる税金の優遇措置は多岐にわたっていて、 住宅ローン控除・不動産取得税・登録免許税・固定資産税 などがあります。

長期優良住宅の認定を受けるための条件とは?

そこで今回は税理士監修のもと、 「仕組み」や「やり方(5つのステップ)」 に加えて、 ふるさと納税の歴史や、寄付金を税金から控除する方法、メリット・デメリット など徹底解説することで「ふるさと納税とは?」という疑問にお答えします。 そして「ふるさと納税」の人気が高まっている最大の理由は「 寄付のお礼として、地域の特産品がもらえること 」ことです。 寄付を受けた自治体が、そのお礼として納税者に送る品のことを「 返礼品 」と呼びます。 お米やお肉、野菜に果物などお返しの品の全般を「返礼品」という呼び方をします。 ふるさと納税自体は、誰でも行うことができます。 ただし、税額控除については、これを受けられる人と受けられない人に分かれます。 原則として、税金が控除されるには、寄附をする人が納税者であることが求められます。 例えば、所得のない子どもがふるさと納税をしたとしても、控除の面で得をすることはありません。 同様に、専業主婦が自分の名義でふるさと納税をした場合にも、控除はありません。 給与所得が万円以下で、アルバイトやパートをしている主婦や学生なども、寄附による控除は発生しません。 逆に、所得が多く、納税額が高額である人ほど、ふるさと納税で得られるメリットは大きくなります。これは、ふるさと納税で受けられる税額控除の上限額が高くなるためです。 税額控除の上限は、所得のみで決定されるわけではありません。すでに他の控除を受けている場合には、ふるさと納税による恩恵は小さくなるように設計されています。 経緯としては年の日本経済新聞夕刊のコラム記事がきっかけでした。 「地方見直す「ふるさと税制」案」というコラムが、一部の政治家が取り上げたことで議論が活発になりました。 税収の減少に悩む自治体や、地方間の格差 をどうすれば活性化していけるのかが論点となり、 年に当時福井県知事だった西川一誠が「故郷寄付金控除」を提言したことから、ふるさと納税の発案者と言われています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。