現状

横浜市が「横浜IR(統合型リゾート)」広報動画公開 ~カジノを含むIR導入の経緯、誘致の理由、依存症・治安への対策、海外IR施設などを6本の動画で紹介~

総まとめ横浜にカジノ - 8242

市民の理解を得るために作成した広報動画では、なぜ日本にIRが導入されることになったのか、横浜市がIRを誘致する理由、依存症・治安などへの対策を説明するほか、海外のIR施設も紹介している。 4月1日からウェブサイトで公開するとともに、市庁舎1階の「市民情報センター」でDVDの貸出を行っている。横浜市は「未来の横浜を考える上でも、ぜひ、ご覧になってください。」としている。

日本のカジノ有力候補地5選!IR誘致に向けた各都市の動きを紹介

神奈川県は繁華街がある横浜が候補地になっています。横浜市は広いですが、カジノの誘致に向けて動いているのは、 「山下ふ頭」 です。山下ふ頭は横浜中華街や赤レンガ倉庫の近辺といえばイメージしやすいでしょう。 実は内部では対立が起こっているので、一筋縄では行っていない状況なのです。 山下ふ頭は横浜のシンボル で、観光客に親しまれている存在であるため、IR誘致によって再開発の効果を高めようという動きが強いです。 しかし、地元民や横浜の有力者である 横浜港運協会会長は断固として反対 しています。実際に地元企業団や地元民からの反発は根強く残っていて、「カジノなしの再開発」を臨んでいます。

現在のカジノ候補地はどこ?いつ決定する?

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 たとえば、シンガポールのチャンギ国際空港には、CIP(Commercial Important People:商業的重要人物)向けの専用ターミナルがあり、富裕層ならここにビジネスジェットのファーストかプライベートジェットで到着し、その後、カジノお迎えのリムジンに乗ってカジノに出向く。 カジノからVIPと認定されるには、プレー額の初回入会金が最低2万シンガポールドルは必要(ワールドリゾート・セントーサの場合)である。CIP 利用となると、最低10万シンガポールドルが必要だ。これで、宿泊から食事・送迎はすべて無料になるし、カジノから直接招待状が届く。

現在のカジノ候補地 一覧

林文子横浜市長は8月22日の記者会見で「カジノを含む統合型リゾート施設」(IR)の誘致を正式に表明しました。市長はこれまで、横浜への誘致は「白紙」としてきましたが、一転した方針を打ち出しました。  市民の皆様から不安や反対の声が上がっています。民意は反映されているのでしょうか?  そこで私は9月20日(金)に本郷地区センターで意見交換会を開きます。横浜市のカジノ誘致に対する姿勢、経緯をお伝えし、カジノ誘致に対する皆様の意見を伺います。皆さまの声を聞かせて下さい。市政へ反映させていきます。お気軽にご参加ください。 C Copyright TOWNNEWS-SHA CO。 All Rights Reserved。 神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙 会社案内 IR情報 広告掲載 採用情報。

港南区・栄区版の関連リンク

みなさん、「カジノ」って知ってますか?  いま横浜では、カジノの話題が新聞やネットなどに掲載されることがたびたびあります。それは、2016年12月にカジノ法案(統合型リゾート整備推進法案)が成立し、日本でもカジノを含む統合型リゾート(IR)を整備するとなったため、横浜市も誘致するかどうかを検討していることから、市民のみなさんの注目を集めているのです。  しかし、なぜこれまで日本では違法だったカジノを、今回法改正して日本につくろうとしているのでしょうか。法案の目的には、「観光・地域経済の振興、財政の改善」とあります。  わかりやすくいうと、海外からの観光客にこのリゾート施設に来てもらい、地域経済の活性化をはかる。あわせて、カジノの収入により自治体の税収が増え、財政の改善がはかられるということです。一見、とても素晴らしい取組のように思えますが、果たしてそうでしょうか。 カジノの目的は破綻  私はこれまで、カジノを含む統合型リゾート(IR)、具体的にはマカオとシンガポールを実際に見てきました。そのどちらも、カジノ利用者はほとんどが東洋人、日本人もいくらかはいましたが、大半は中国人です。では、果たして中国人がカジノをするために日本に来るのでしょうか。  私は、カジノができればその利用者のかなりの割合を日本人が占めると予想しています。そして、この時点ですでに目的が破綻しているのではないでしょうか。もちろん、みなさんも心配しているギャンブル依存症や治安の悪化、マネーロンダリングなど、他にも問題が山積しています。  私は、以上のことから横浜にカジノを含む統合型リゾート(IR)は必要ないと思っています。  横浜には、観光客を魅了するとても素晴らしい観光資源がたくさんあります。これをもっと活かすことで、さらに多くの賑わいをつくり、経済の活性化にもつなげることができると思います。  みなさんはどのようにお考えですか。 C Copyright TOWNNEWS-SHA CO。 All Rights Reserved。 神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙 会社案内 IR情報 広告掲載 採用情報。

総まとめ横浜にカジノ - 38745

送料無料/[書籍]/DVD ’19 社労士の教科書総まとめD : みんなが欲しかった!/タック/NEOBK-2323344専門店へ

いよいよ日本のカジノ解禁が近づく中、一体「 どこにカジノができるのか 」が気になっている方も多いのではないでしょうか。 ここではカジノ誘致に名乗りを上げている自治体や期待されている自治体など、注目の有力候補地の最新情報をお届けします。 カジノ誘致を表明している中で、主なカジノ候補地は、神奈川(横浜)、東京、愛知(名古屋、常滑)大阪、和歌山、長崎となっています。 現時点では 大阪、横浜 が特に有力な候補地と見られています。 そして気になる「いつ候補地が決まるのか」については、現在国が発表している基本方針案によると 候補地が正式決定するのは 年 頃になる予定とされています。 今後IR誘致に挑む自治体は 年1月4日から7月30日 の間に国に申請を行う必要があります。 そして国は申請を行った自治体の中から最大3箇所を選び、 年後半~年頃に正式にIR候補地として認定する 、というスケジュールとなっています。 念願叶った万博とセットでIR誘致  開業時期のリミットが主な焦点に。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。