トワーク

長期戦で確実に利益を増やす手堅いバーネット法(1326法)

検証カジノブラックジャック必勝法 - 26614

の賭け金を順番に賭ける 【ゲームに勝った場合】上記の賭けを順番に行う、を使用した後は「6」の賭け金で勝負 【ゲームに負けた場合】必勝法のリセット、1の賭けからリスタート。

カジノゲームを想定したシミュレーションの方法

クォンタムブラックジャックのルールは、基本部分こそ自分の手札を21に近づけ、ディーラーと競うというのは通常のブラックジャックと変わりません。 ただし通常のブラックジャックと違い、毎回ゲーム開始前に1~3枚の「クォンタムカード」が選ばれるという独自ルールが存在します。 手札が17になったのでスタンドを選択したのですが、ディーラーのハンドが18で敗北。 残念ながら結果は出せませんでしたが、かなりテンションの上がった瞬間でした。 これが倍の配当のかかった勝負だったらと思うと、考えただけでもワクワクが止まりません。 通常のブラックジャックでは手札の合計値が21を超えたら「バースト」です。 ディーラーがバーストすれば、当然プレイヤーの勝利ですが、クォンタムブラックジャックの場合、ディーラーに限り3枚目のカードでバーストしてもプッシュ 引き分け となり、プレイヤーの勝利とはなりません。 クォンタムブラックジャックは、クォンタムカードが有効に働いてくれなければ、不利な条件でのゲームをしているだけになってしまいます。 今回プレイした結果、この 『スリーカードバースト』が、確実にダメージとして積み重なっていく 事を身に染みて感じました。 普通なら勝っている勝負が引き分けになってしまうわけですから、当然と言えば当然です。 僕の場合は普通のブラックジャックでも、ストラテジーは参考にしながらも最終的に「勘」に頼ってしまう事が多いので、あまり多くを語る資格はないのですが…。 クォンタムブラックジャックは、ストラテジーに頼ったプレイをするのはあまり有効ではないかもしれません。 ディーラーのもう1枚のカードが、最も出る可能性の高い「10」だと仮定します。 「10」「J」「Q」「K」は全て「10」とカウントされるため 。 ディーラーのカードの合計値は「14~16」の範囲になります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。