トワーク

【2019年版】優雅にカジノ!ベトナムカジノの特徴や遊び方を解説

ヨーロッパの美しいのカジノがフーコック - 6165

昨年1月にオープンしたコロナリゾート アンド カジノは、タツノオトシゴのような形をし、真珠と胡椒で有名な、ベトナムの西海岸にある美しいターコイズブルーの海に囲まれた㎢の島、フーコ ック島のホスピタリティブームの一部となっている。ベトナムの政府は、投資家向けの税制および土地賃料優遇措置、政策変更、拡張に乗り出した新国際空港などのインフラの改善をもって、フーコ ック島での開発を推し進めてきた。現地および世界的な高級ホテルブランドがその市場に流れ込み、フーコックの小規模リゾートやバックパッカー用の宿を補完している。

ベトナムのカジノ①遊び方は?

フーコック島では観光やアクティビティも楽しめます。なかでも家族旅行にオススメなのが島の北西部に位置する「ヴィンパールリゾート(Vinpearl Land)」!広大な敷地内にサファリパークや水族館、遊園地が併設されているので、1日思いっきり遊べますよ。なかでも「ヴィンパールサファリパーク(Vinpearl Safari Phu Quoc)」はベトナム唯一のサファリパークで、バスに乗りながら迫力満点の動物たちを観察することができます。隣接する動物園では動物たちと記念撮影をすることもできるので、ぜひ訪れてみてください。 フーコック島では中心地であるユーンドン市内で2つのナイトマーケットが毎夜開催されています。そのうち島内で最大規模を誇るのが「ディンカウ(Dinh Cau)ナイトマーケット」です。18~19時位になると約mの道沿いに小さな露店がひしめき合い、ピークを迎える21時頃には多くの人で賑わいます。 いかがでしたか?近年注目を集めつつあるフーコック島にはリゾート気分を満喫できる仕掛けがたくさんあります。特に白い砂浜が続くビーチは海の透明度も高く、びっくりするくらい透き通っていて美しいのでぜひ滞在中に訪れてみてください。その際は幻想的なサンセットもゆっくりと堪能しましょう! フーコック島旅行は弾丸なら2~3泊でも楽しめますが、リゾート気分を満喫するなら最低5泊はあると良いでしょう。ビーチで何も考えずに波と風の音を感じながら過ごす時間はかけがえのない贅沢です。ぜひフーコック島で何もしない贅沢な時間を堪能してみてください。

フーコック島(Phu Quoc Island)で何ができる?

ベトナムにはカジノがあることを知っていますか? 年齢などに制限はあるものの、ベトナムではカジノを楽しむことができます。とはいっても、ベトナムに来た際にどこのカジノがおすすめであるのかわからない方も多いのではないでしょうか? 今回はハノイ、ホーチミン、ダナンのおすすめのカジノやベトナムでカジノを楽しむ際に気をつけたい服装や年齢制限などについても紹介します。 ベトナムのカジノは基本的に21歳以上から入場可能です。 一部のカジノでは18歳以上で入場できる場合もあります。 また、ベトナムのカジノでは基本的にドレスコードは無いので自由な服装で行くことができます。カジュアルな服装やビーチサンダルなどで露出が少なければ大丈夫ですが、カジノによっては入店を断られる場合もあります。それなりにTPOをわきまえた服装で行くようにしましょう。 日本人シェフとソムリエの情熱とこだわりを味わえる炭火焼ステーキハウス「イル・コルダ」。 シェフ厳選の豪州産ブラックアンガスや豪州WAGYU、和牛A5等級まで幅広く揃え、炭火の香りと肉汁を逃がさない独自の焼成方法でしっとり柔らかに焼き上げます。 人気は厚切り牛タン炭火焼(38万ドン)とブラックアンガスリブアイステーキ(59万ドン)。 おまかせディナー(2名様〜)は万ドン〜。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。