連結

現金が当たる懸賞・プレゼント情報

登録無料毎日現金当選 - 17418

常に件以上と大量のネット懸賞があり、毎日どんどん増えていくので チャンスイット とフルーツメールだけ登録しておけばいいレベル です。

【現金1000万円プレゼント】気になるアレコレ

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 すべての機能を利用するためには、設定を有効にしてください。詳しい設定方法は「 JavaScriptの設定方法 」をご覧ください。 その他、カッテミルに関するよくある質問は こちら (外部サイト)をご確認ください。

応募から当選までの流れ

今、謎の「現金プレゼント」の企画がSNSに次々と登場している。本当にお金はもらえるのか。企画者の身元がよくわからない約50の企画アカウントをフォロー、追跡した。(ネットワーク報道部 記者 田隈 佑紀・ディレクター 中松 謙介)。 若者は「デメリットない」 実際に街頭で若い人たちに聞いてみると、応募したことがあるという人はすぐに見つかり、多くが軽い気持ちで応募していると、話した。 「50回以上応募しました。お金ほしいし、簡単に応募できるから」(女性) 「フォローとリツイートだけなら、デメリットはないかなと思って」(男性)。 応募してみた こうした現金のプレゼント企画が、SNSに数多く出現しているのは、ファッション大手、ZOZOの前社長、前澤友作氏が去年とことしの正月に行った現金プレゼント企画の影響があるとみられる。実際に「前澤さんに便乗した」などと書いた投稿も散見される。前澤氏の企画では当選した人が相次ぎ、大きな話題となった。 しかし、ツイッター上に次々と登場している現金プレゼントの投稿には、前澤氏の企画と違い、企画者が誰なのか、アカウントのプロフィール欄や投稿を見てもその身元がはっきり分からないものが多い。本当に現金はもらえるのか。うそではないのか。試しにそうしたプレゼント企画に応募してみることにした。 フォロワーが増え、DMが届き始めた 応募したのは、約50のツイッターアカウントの企画。応募のためにアカウントをフォローしたところ、数日して、別の現金プレゼントや投資、副業の勧誘のアカウントから次々とフォローされるようになり、ダイレクトメッセージも届くようになった。 お金をだまし取られたという高校生 50のアカウントをフォローしてしばらくたったころ。ネット上で、あるツイートを見つけた。 かんなさん 「周りの友だちもフォローしていたので大丈夫かなと思っていました」。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。