連結

アイウォレットとは?初心者でも分かる使い方完全ガイド【2019年版】

使い方e-walletウェバンク - 53151

アイウォレット(i wallet) といえば、オンラインカジノへの入金方法として広く採用されています。ただ、 全てのオンラインカジノで使用することができるわけではありません 。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

オンラインカジノで入出金方法として導入を検討されはじめている「 ウェバンク 」。オンラインカジノの入出金方法の中ではまだまだ普及しておらず、不安に感じている人もいるのではないでしょうか。 ウェバンクはオンラインカジノにぽっと出現したようなイメージがあり、 キャリアが薄い ように感じられがちですがそうではありません。実は 運営から10年以上の長い実績を誇っている会社 なのです。 口座開設ときくと 難しいイメージをもたれがち ですがそんなことはありません。ウェバンクではものの数分で口座開設をすることができるのでおすすめです。

口座に入金する場合の方法と手数料

オンラインカジノを始める際には、 電子決済サービス を利用するのがとても便利です。近年需要が伸びているiWalletは、日本語で利用できることに加えて、ATMからも簡単に入出金を行えることから人気を集めています。 そのため、簡単かつ安全に利用できる電子決済サービスを探しているという人にはとてもおすすめです。 オンラインカジノ サイトに登録をしたとしても、入金をしなければプレイを開始することができないので、電子決済サービスは早めに登録しておく必要があります。 名前と生年月日、メールアドレス、パスワード、国名を入力する欄が出てきます。ここでの入力はすべて半角英数になりますので、注意してください。 なお、パスワードは数字と英語の大文字を含んだ8文字から35文字までのものになります。すべて入力し終えたら、さらに下にスクロールしてください。 アイウォレットから認証メールが届きますので、そのURLをクリックして認証してください。 以降はメールアドレスとパスワードでログインが可能になります。ただし、この状態(スタンダード会員)では、HKD8,(USD1,相当)までしか出入金ができません。 入金額に対してのバウチャーの価格が表示されます。問題がなければ一番下の「これで決済を行う」をクリックしてください。クレジットカードの画面に切り替わり、あとは指示通り進めていけば入金が完了します。 ほかに国際プリペイドカードを作り、そこにクレジットカードから直接チャージする方法もあります。この場合は、手数料はかかりません。

1000ドル以上を出入金するためにはエグゼクティブ会員

これまで、ブックメーカーをはじめとするオンラインギャンブルの入出金の方法として人気・主流だった「 Neteller ネッテラー 」。そのネッテラーが、日本でのオンライギャンブル・ブックメーカーへのサービス終了を受け、新たなオンライン電子決済サービスとして注目されているのが、「 webanq(ウェバンク) 」です。ウェバンクの特徴は、登録及び口座開設が無料。書類不要で数分で口座が開け、銀行振り込みで入金ができるところです。さらに、ジャパン・ネット銀行などの口座があれば、24時間入金ができて、日本語サポートもアリ。と、良い点ばかりを紹介しましたが、残念な点が対応しているブックメーカー・オンライカジノが少ない点です。現在は「ワイルドジャングル」などですが、ネッテラー撤退の絡みもあり、今後対応するサイトも増えることが予想されます。エコペイズとともに、今後主流となるであろうウェバンクの登録方法や入金方法についてご紹介していきます。 まずは、ウェバンクの公式サイトにアクセスし、口座開設をしましょう。 英語表記となっている場合は、画面右上のプルダウンメニューから「日本語」を選択してください。そして、画面中央の「口座開設」のボタンをクリックします。 次に必要情報を入力します。すべて半角英数字入力がしてください。 入力が完了しましたら、同意のチェックボックスにチェックを入れ、「登録する」のボタンをクリックします。 最後はウェバンクに対応しているブックメーカーをご紹介します。 先ほど説明した通り、今のところ対応しているカジノは少なく「ワイルドジャングルカジノ」と「JBETカジノ」のみとなっております。 ベッティングのコース 賢く賭けるには まず知識を得ましょう!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。