連結

もしも、カジノで数千万円勝ったら、どうやって 現金を持って帰ったらいいのです

現金万円成田カジノ - 50571

resocasi さんのツイート。

ベストアンサーに選ばれた回答

外貨交換といえば、だれもが思いつくのが訪問国の空港や現地の市内にある両替所。特に発展途上国などへ行く場合は、出発前の自国内ではその国の通貨を取り扱っている金融機関が少ないため、到着してから両替することになりやすい。  そんな経験が記憶の中に残っているからか、アメリカを訪れる際にも、現地で交換すればいいと思っている人も少なくないようだ。しかしその発想はとんでもなく損をすることになる。 決して多くはないものの、他の国と同様、ラスベガスにも空港や市内に両替所が存在している。しかしその交換レートはあまりにもひどい。  写真はラスベガス国際空港第1ターミナル到着ロビーにある両替所「Travelex」における 年10月12日 pm の交換レートだ。  写真をタップやクリックして拡大させると、その写真内の右上に小さく読み取れるが、ここに示されている数字は 「ドルを買うために必要な各国の通貨」 で、日本円の場合の 68,円は 1ドルに換算すると 。 さて、外貨交換は空港や市内の両替所が一般的であることは今書いてきたが、ここラスベガスには他の都市では見られない特殊な両替所がある。 カジノ内のキャッシャー だ。  もともとは、ギャンブルに勝った者がカジノチップを現金に換金するための施設であり、わざわざ外貨交換のために場所や人材を確保しているわけではないので、経費的な部分での経営環境は空港や市内の両替所よりも恵まれており、 「ついでにやっているサービス」 と考えれば、なにがなんでも外貨交換で利益を出す必要はない。さらに 「良心的なレートでドルを安く提供し、それをカジノで使ってもらえればそれでよい」 という思惑もあるだろう。  結果的に、良心的なレートを出しやすい環境にあるため、 空港や市内の両替所よりも 1ドルにつき 10円ほどドル安いレート になっているのが普通だ。 具体的にそのレートを調べてみた。調査の対象としたのは次の4つのカジノホテルで、ラスベガスで最大勢力を誇るMGM系列のホテルの代表としてベラージオ、シーザーズ系列の旗艦ホテルであるシーザーズパレス、それに独立系の高級ホテルとしてベネチアンとウィン。  以下がそれらホテルで 1万円紙幣を1枚両替した結果だ。調査日は 年10月12日。  なお、現場で受け取るレシートに記載されているレート表示は 「1ドルが何円か」 ではなく 「1円で何ドル買えるか」 になっているので、その数値も示してみた。 シーザーズパレスとベネチアンの1円に対するレートにおいて、端数が切捨てられたドンブリ勘定的な数字になっていることがやや気になるが、この水準であれば、 まぁまぁどこも良心的 といってよいのではないか。  とはいえ、 日本で両替したほうが有利であることに変わりはない ので(同じ日の成田空港でのレートは 円前後 )、ホテルでの両替はドルがなくなってしまった緊急事態のときだけと考えるようにしたい。

勝利時の税金に関する質問

お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくは サイトポリシーのページ をご覧ください。 有料会員記事 IR汚職事件。 この記事は 有料会員記事 です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。